国民年金の場合の遺族が受給できる年金

国民年金の場合の遺族が受給できる年金

国民年金に加入していた人が亡くなった場合に、遺族が受け取れる年金の種類についてご説明します。条件により受け取れる年金が変わってきますので、ご自分のケースを確認してみましょう。

日本に住んでいる二十才以上60歳未満の全ての国民は必ず「国民年金」に加入する事になっています。被保険者の種類は、第1号~3号までの3種類に分けられます。

第1号被保険者に該当するのは、農林漁業、自営業、自由業者とその配偶者、学生など。第2号被保険者は会社員や公務員で、同時に厚生年金や共済年金にも加入している人。第3号被保険者は、第2号被保険者の扶養配偶者となります。

被保険者がなくなると、生計をともにしていた遺族は、故人の年金を「遺族年金」という形で受給できますが、故人が第何号被保険者であったか、故人と遺族の続柄、遺族の年齢などによって、受け取れる年金の種類が異なります。具体的には「遺族基礎年金」、「寡夫年金」、「死亡一時金」の3種類でどれかひとつを受給する事になります。いずれにせよ、届出が必要になる為、忘れずに手続きをしましょう。

遺族基礎年金:受給できるのは、死亡した人の扶養を受けていた子供と子供のある妻

寡夫年金:婚姻関係が10年以上あり、夫に扶養されていた満65歳未満の妻が受給可能

死亡一時金:遺族基礎年金の受給資格がなく、寡夫年忌を受給しない遺族が受給権をもつ