本位牌 とは

位牌について

亡くなった人の戒名・法号と死亡年月日を記してお祀りする物が位牌です。 位牌には白木位牌(野位牌)と、本位牌(黒塗り金箔付や唐木位牌があります。 白木位牌は葬儀のときに祭壇に安置し墓所に持って行く物です。 これとは別に、忌明け法要の日までに本位牌を用意しておきましょう。

法要の日に僧侶が白木の位牌から魂を抜いて、本位牌に魂を入れてくださいます。 白木位牌は菩提寺に納めますので、仏壇にお祀りするのは本位牌のほうです。 本位牌には、故人一人ひとり独立した〔板位牌〕と〔繰出位牌・回出位牌〕があります。 繰出位牌は合同位牌と言うべきもので、位牌が10枚くらい一緒に入るので命日の順に並べて入れておきます。

※浄土真宗では位牌の代わりに法名軸か過去帳を用います。 僧侶にお願いして、故人の法名を書いて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA